TOPへ

北九州発砲 計画的待ち伏せか

北九州市小倉南区の路上で19日、元県警北九州地区暴力団犯罪捜査課警部の男性(61)が銃撃され重傷を負った事件で、現場は元警部が通勤に使う駅に向かう最短ルート上にあったことが19日、捜査関係者への取材で分かった。県警は、バイクに乗って銃撃した男が元警部の通勤経路などを確認して待ち伏せするなど、計画的に襲撃した可能性があるとみている。

【写真で見る事件の概況】元警部撃たれ重傷 暴力団犯罪を担当 北九州

 また、元警部が県警を昨年3月に退職するころ、元警部の自宅付近に不審な車が止まり、県警が指定暴力団工藤会(本部・北九州市)関係者の車と確認していたことも分かった。元警部は退職するまで長年、工藤会の事件を担当していたことから、県警は工藤会が関与したとの見方を強め、小倉南署に捜査本部を設置した。

 現場は元警部の自宅の北約250メートルで、元警部が再就職先への通勤に使うJR日豊線安部山公園駅への最短ルートにあった。

 県警などによると、バイクの男がすれ違いざまに元警部に3発発砲し、うち2発が左太ももと腰に命中した。元警部は全治1カ月の重傷。現場から銃弾1発と薬きょう3個が見つかっており、県警は自動式拳銃が使われたとみている。

 元警部は70年の採用。約30年間にわたって工藤会を中心とした暴力団捜査を担当したベテランだった。工藤会幹部を逮捕する事件に携わった経験もある。再就職先の医療機関ではトラブルはないといい、県警は過去の捜査で強く恨まれた可能性があるとみて調べている。

 県警は元警部が退職後、暴力団から狙われる恐れがあるとして「保護対象」に認定。署や交番のパトカーで自宅周辺を巡回する「重点警戒」をしていた。 一方、事件を受け福岡県公安委員会は、熊本、鹿児島、大分、宮崎の各県公安委員会に警戒活動の応援要員の派遣を要請。福岡市の九州管区警察学校で訓練中の4県警と福岡県警の警察官ら約200人が19日夕、市内の小中学校の通学路で警戒活動を始めた。

 福岡県内での発砲事件は昨年は全国最多の18件発生。このうち5件で人が銃撃され、2人が死亡、3人が負傷した。今年の発砲事件は3件目。中間市の路上で1月17日に建設会社社長が銃撃され重傷を負ったほか、福岡市東区で今月8日、指定暴力団九州誠道会(本部・福岡県大牟田市)の幹部が頭を撃たれて意識不明の重体になるなど、いずれも銃撃による負傷者が出ている。

料理で彼の胃袋をつかもう!!

近年料理を覚えない中学・高校生の女の子が増えています。
もし、彼氏や好きな人に『得意料理はなに?』なんて聞かれても自身を持って『肉じゃがかな?♪』とか『ハンバーグ!』とか言えますか?

言えない人は将来に不安はありませんか?
毎日の手料理、子どものお弁当…などなど。
女の子は本当に料理をする機会がたくさんあります。

「そんなのまだ先じゃん!!」「できないものはできないし。」「めんどくさ?い。」など言う人。
彼や未来の旦那様はきっと美味しい手料理を食べたいと思っているでしょう。
少なくとも料理できる子とできない子では、できる子の方がいいと言う彼の方が多はずです。
新婚になって最初のころは早めに帰宅していた旦那さんも、手料理があまりおいしくないからと、同僚とご飯を食べにいくことが多くなり、更に帰りが遅くなったり…。

彼も「手料理がおいしくない」なんてあなたには言えずじまい。そんなことになったらイヤですよね。
料理のせいで新婚生活を台無しにしてしまうことになるかもしれません。
それだけ男性は手料理を評価します。

そんな彼に「今日はなに食べたい?」と聞いて返ってくる答えのモノをすぐ作れたら、それほど素敵なことはないでしょう。 更に恋のライバルが現れたらその子には料理でもなんでも負けたくないですよね。
だからこそ少しずつでも料理を覚えて、彼の胃袋も虜にしちゃいましょう♪

料理は女の子の武器です。

いろんな料理を覚えてしっかりと彼の胃袋を掴みましょう!自分のためのも、カレのためにも。

G20 日本の狙いは円高阻止

19日からの20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、資金基盤の増強が焦点となる国際通貨基金(IMF)。財政危機に陥った加盟国への支援の仕組みはどうなっているのか、資金基盤の増強に積極的な日本の狙いは−。Q&Aでまとめた。

 Q IMFはどのように支援を行うのか

 A 加盟国から申請を受けてIMFの理事会が審査し、支援の可否を決定する。その後、対象国の中央銀行に対し、IMFが資金を供給してお金を貸し出す形が一般的だ。最近では今年3月、ギリシャに280億ユーロを貸し出すことを決めた。理事会は、「支援を求める国が、財政再建に向けしっかりと歳出削減をしているか」などを厳しくチェックする。

 Q 加盟国はお金をいくらでも借りられるのか

 A 上限がある。通常、IMFへの出資額の範囲内だ。加盟国は現在、約190カ国。2010年に決めた出資の比率と額は、米国がトップの約17%で約1278億ドル、日本は2位の約6%で約475億ドル。出資額が多いほどたくさんの融資を受けられる。

 Q 今回のG20でIMFはなぜ資本基盤強化を目指しているのか

 A 欧州各国の危機に備える「安全網」として支援の元手を手厚くするためだ。市場に安心感を与え、投資家が国債を売り浴びせて金利が急騰したり、そのあおりで銀行破綻が相次いだりするのを防ぐ狙いもある。

 Q 日本は今月17日、各国に先立ち、600億ドルの資金拠出を表明した

 A 欧州危機を一日も早く収束に向かわせたいからだ。欧州経済や海外経済が混乱すれば、「安全資産」とされる円が買われ、円高が急激に進行する恐れがある。自動車、電機など日本の輸出企業が大きな打撃を受け、景気回復が遅れてしまう。

 Q 外交上の狙いもあるのか

 A 第3位の出資国となる中国の台頭が著しく、G20での発言力が強まっている。日本はIMFに関する議論を主導し、存在感をアピールしたい思惑もあるようだ。






content

Link

News